在籍確認で審査に落ちるケースとは?

 

カードローンへ申込みした際、勤務先への在籍確認が取れないと審査に落ちることがあります。

 

在籍確認は、申込みの際にあった勤務先に間違いなく在籍しているかを確かめるための審査なので、在籍確認ができていないと、安定した収入があると判断されません。

 

ですから審査に落ちたときは、当然ながらカードローンからの借入はできません。

 

在籍確認で審査に落ちるのは、いったいどんなケースなのでしょうか。

 

○ 何日も電話が繋がらない

カードローン担当者が、申込み者の勤務先へ電話しても何日も繋がらないというときは審査に落ちる可能性が高まります。

 

平日の昼間は誰も電話対応ができないという小さな会社に勤めている方は注意が必要です。

 

○ 個人名の電話は取次しない会社の方針

在籍確認ではカードローン担当者の個人名で電話がかかってくることが多いです。

 

しかし、個人名の電話は取次しないという会社の方針だと、在籍確認が取れない恐れがあります。

 

カードローン担当者はウソの会社名を言えないのが基本です。

 

○ 非通知の電話は取次しない会社に勤務している

在籍確認を行うカードローン担当者は、申込み者のプライバシーを重視しています。

 

電話番号を通知すると、カードローン会社からの電話だと知られる可能性があるため、在籍確認では非通知でかけてくることが多いです。

 

しかし、非通知の電話は取次しない会社に勤務しているという方は、在籍確認が取れない恐れがあります。

 

○ 社員が多すぎて一人ひとり把握していない

社員が多い大きな会社に勤めている方だと、電話応対の会社の人が一人ひとりの社員を把握していないことがあります。

 

そういう場合は外部からの電話は人事にまわされることがほとんどなので、人事対応になりますが、そこでも守秘義務ということで、社員の確認を拒む企業もあります。

 

電話が繋がっても、在籍確認が取れなかった場合はカードローンの審査に落ちかねません。

 

○ まとめ

カードローンによっては相談すると書類(社員証や給与明細書など)で在籍確認を取って貰えることがあります。

 

電話では在籍確認が難しいという方は、カードローン担当者に相談してみましょう。