在籍確認なしキャッシング!電話なし職場にバレずに借りる方法は?

 

在籍確認なしでキャッシング・カードローンをしたい!という方は必見!

 

在籍確認の審査は必ず行われるので、免除されませんが、電話以外の方法で在籍確認をすることは可能です!

 

電話以外の書類を提出することにより職場への電話連絡なしでキャッシングが可能となる安心の借り入れ方法をご紹介します。

電話なしで会社にバレずにキャッシングやカードローンをする方法として人気なのが、社員証や収入証明などを提出する方法です。

↓電話なしの在籍確認でキャッシングする↓
A
↑勤務先連絡なしキャッシング申し込みはこちら↑

 

在籍確認の電話を回避するキャッシング方法の具体的な流れ

 

上記の公式申し込み入り口より借り入れフォームを入力して送信する。

 

30分〜数時間以内に担当者から携帯電話へ申し込みの意思を確かめる連絡がくる。(この時点で在籍確認は電話以外でお願いしたいというリクエストをしておく)

 

本格的に審査が開始される

 

本審査に通過した人のみ在籍確認へ進む。(書類で在籍確認を希望する方は本審査と同時に行われる)

 

審査に通過すれば融資実行される。

 

在籍確認の審査は職場で本当に働いてるかどうかを確かめる為だけの審査なので、在籍確認の審査で否決されるケースはあまり無い。

 

虚偽や退職してる職場の連絡先を書いてしまったというような場合は否決されるのは当然となる。

 

電話以外の書類によって在籍確認審査をする場合に用意するもの

 

会社員や契約社員、派遣社員等=社員証や社会保険証、組合保険証等を提出。

 

自営業やアルバイト、パート、日雇い等=収入証明や給与明細などの収入が分かるような書類。

 

これらを提出することにより電話連絡なしで在籍確認を行ってもらえる。

 

但し、全員が全員、書類で在籍確認が可能かどうかは保証できず、中には電話での在籍確認が必要となる人もいるようです。

 

電話で在籍確認をされると職場にキャッシングがバレてしまう?

 

いいえ、アコムやプロミス、モビットなどの大手で人気の消費者金融は、必ず電話をかける担当者の個人名を名乗るので、消費者金融の名前は一切出しません。
ですから、同僚に借金がバレる可能性はまず無いと言えます。

 

電話での在籍確認の場合、その言い訳として有効なものは?

 

在籍確認の言い訳は、クレジットカードの在籍確認、銀行カードローン、住宅ローン、学資、医療ローン等、状況にあったものを言い訳として使用すれば自然ですので、同僚や周囲に怪しまれずに済むでしょう。